スセリビメ

八十神の兄たち、オオナムヂを二度殺す。

オオナムヂ、赤い猪の大石に潰される。

オオナムヂの兄である八十神は、ヤガミヒメに結婚を断られたのはオオナムヂのせいであると話し合い、オオナムヂを殺すことにしました。
伯伎国(ははきのくに)の手間山のふもとを訪れると、オオナムヂにこう言い付けました。

「われわれが、この山にいる赤い猪を追い落とすから、おまえはここで待ち伏せをして捕えよ。失敗したら、おまえを殺す」

八十神は猪に似た大きな石を真っ赤に焼いて、落としました。こんな熱い大石を受け止められるはずもなく、オオナムヂは大石に押しつぶされて死んでしまいました。

オオナムヂの母サシクニワカヒメは嘆き高天原に登り、カムムスヒノカミに助けを求めました。カミは、赤貝の粉を集めるキサカイヒメとその粉をハマグリの汁に溶かし薬にするウムキヒメを送りました。この薬をオオナムヂの体に塗ると、元気に生き返ったのです。この薬は、古代療法の一つです。

オオナムヂ、木の裂け目で挟み殺す。

死んだはずのオオナムヂが生きているので、驚いたのが八十神です。二度目の殺人は、割いた木の裂け目にオオナムヂを入れて挟み殺すことです。八十神は割いた木を広げて、クサビを打ち込みました。その後、オオナムヂを木の裂け目に入れてからクサビを抜き、はさみ殺してしまいました。母サシクニワカヒメは、今度は自力でオオナムヂを生き返らせます。

「あなたは、ここにいては殺されてしまう」

と母は言うと、オオナムヂを木国のオオヤビコノカミの元へこっそり送りました。
しかし、八十神も見つけ出し、弓を引いてオオナムヂを引き渡すよう、オオヤビコノカミを脅します。

「スサノオのいる根の堅洲国に逃げなさい。必ず、その大神が取り計らってくれるでしょう」
こう言うと、オオヤビコノカミはオオナムヂを逃しました。

オオナムヂ、根の堅洲国でスセリビメと出会う。

こうして、オオナムヂは根の堅洲国に出向くと、スセリビメと出会いました。すると、若い二人はたちまち恋に落ち、結婚してしまいます。スセリビメはスサノオの館に帰ると、父に報告しました。
「とても素敵な神がいらっしゃいました」

スサノオの試練1 蛇の部屋

「これは葦原の色許男(あしはらしこお)というのだ」
スサノオはそう言うと、今夜はオオナムヂを蛇の部屋で寝かせることにしました。

スセリビメは蛇に襲われないよう「比礼(ひれ)」というスカーフのような布をオオナムヂに渡します。
「もし蛇が噛もうとしたら、比礼を3回振ればおとなしくなります」
こうして、オオナムヂは蛇の部屋でもぐっすりと眠ることができました。

スサノオの試練2 ムカデとハチの部屋

次の夜、スサノオはムカデとハチの部屋にオオナムヂを寝かせました。スセリビメは、ムカデとハチの比礼を渡しました。またも、オオナムヂはぐっすり眠ることができました。

スサノオの意図はなんだったのでしょうか?
オオナムヂの力量を測るつもりだったのでしょうか。それとも、娘スセリビメが簡単にオオナムヂに惚れてしまったので、悔しかったからでしょうか。

とにかく、スサノオによるオオナムヂへの試練は、まだまだ続くのです。

おすすめの記事