スポンサーリンク
古事記・上つ巻

スサノオとヤマタノオロチ

ヤマタノオロチは八つの穴に八つの頭を入れると、酒を飲みはじめました。酒を飲みほすと、寝てしまいました。すかさず、スサノオは…
古事記・上つ巻

アマテラス、天岩屋戸に隠れる。

アマテラスが隠れた天岩屋戸の前で、アメノウズメが踊り始めました。アメノウズメは舞が進むと、乳房を出し、衣の紐も解き始めます。
古事記・上つ巻

アマテラス、ツクヨミ、スサノオ三貴士の誕生

イザナギが左目を洗うとアマテラスが、右目を洗うとツクヨミが、鼻を洗うとスサノオが生まれたのです。この三柱の神を三貴子と言います。
古事記・上つ巻

イザナギ、黄泉の国から黄泉比良坂へ

「愛しい夫がそうするのなら、私は1日に1000人絞め殺しましょう」「愛しい妻がそうするのなら、私は1日に1500の産屋を建てましょう」
古事記・上つ巻

イザナギとイザナミの「神生み」

イザナギとイザナミはあまたの神を生み、ヒノカグツチの神を生んだ時、イザナミは御陰(みほと - 女性器)に重い火傷を負いました。
古事記・上つ巻

イザナギとイザナミの「国生み」

イザナギとイザナミの神は天の浮橋に立つと天の沼矛を海に入れ、「こおろ、こおろ」とかき混ぜ矛を引き上げます。すると、矛の先から…
スポンサーリンク