物言わぬ御子・本牟智和気御子と出雲大社の神

出雲大社

物言わぬ御子・本牟智和気御子

垂仁天皇は本牟智和気御子(ホムチワケノミコ)をたいそう可愛がりましたが、御子は成人になっても一言も話しません。ただ一度、白鳥の声にカタコト話したことがあります。そこで、天皇は山辺之大鶙(ヤマノベノオオタカ)に白鳥を捉えるよう命じました。彼は、白鳥を越国(こしのくに – 福井県敦賀市から山形県庄内地方の一部)の和那美の水門(わなみのみなと)まで追いかけ、捕らえ、戻ってきました。が、御子は言葉を発することはありませんでした。

出雲大神のお告げ

天皇が心を痛めていた時、夢のお告げがありました。
「我が宮を整えて、天皇の住む宮殿のようにしたならば、御子は必ず話せるようになるだろう」

「一体、どんな神のお告げであろう」
占ってもらったら、出雲大神のお告げであることがわかりました。
こうして、天皇は本牟智和気御子を出雲に参拝に行かせました。

御子は出雲大神を参拝して帰る途中、斐伊川の中に仮宮を立てて泊まることになりました。そして、朝の食事時に御子はこう尋ねられました。

「この川下にある青葉の山は、山に見えて山ではない。もしや、出雲に鎮座する葦原色許男大神(アシハラシコオノオオカミ – 大国主神の別名)を祀るための神主の斎場であろうか」
御子のお供の者達は喜び、垂仁天皇に報せを出しました。

(なんとも前後のつながりのない話が挿入されます)
この後、御子は美しい比長比売(ヒナガヒメ)と一夜を共にしました。御子がこっそり比長比売を覗くと、なんと蛇でした。御子は恐ろしくなり船で逃げ出しました。比長比売は怒って、船で御子を追っかけてきました。

出雲の大宮の創建

御子が大和に戻ると、お供の曙立王(アケタツノミコ)と菟上王(ウナカミノミコ)は、垂仁天皇に正式に報告しました。
「出雲大神を拝んだことにより、御子は言葉を話されました」
天皇は菟上王を出雲に返し、出雲の大宮を作らせました。

スポンサーリンク
336-280




336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280