ニギハヤヒノミコトと神武天皇の即位

神武天皇

豪族の兄エウカシを倒し、弟オトウカシを配下にし、カムヤマトイワレビコはさらに進軍していきます。

土着の豪族ヤソタケルとエシキ&オトシキ

忍坂(おさか – 奈良県桜井市)に来ると、ヤソタケル(八十建)という尾の生えた土雲(つちぐも – 反抗する土着民を蔑んだ言葉)が岩をくり抜いた住処にいました。
そこで、カムヤマトイワレビコはヤソタケルにご馳走を届けさせます。料理人には太刀を持たせ、「歌が聞こえたら、皆で切りかかれ」と伝えておきました。

忍坂の 大室家に (中略)
久米の子が (中略)
撃ちてし止まむ (中略)
今撃たば良らし

ある時間を見てから、カムヤマトイワレビコは「久米の兵士らが、撃たずにおくものか」と歌いました。こうして、ヤソタケルは撃ちとられました。
また、カムヤマトイワレビコは、兄イツセノミコトが死ぬことになった因縁の敵トミビコを撃とうとした時も歌いました。
エシキ(兄師木)とオトシキ(弟師木)を撃った時も、歌いました。(師木は大和の地名です)

天子のつくった詩歌を「御製(ぎょせい)」といい、この時「久米歌」として、戦いが描写されました。

ニギハヤヒノミコト(邇芸速日命)登場

「天つ神御子が天降りされると聞いて、追って降ってきました」
と、ニギハヤヒノミコトが証を持って現れ、カムヤマトイワレビコに仕えることになりました。この時、ニギハヤヒノミコトは、すでにトミビコを従え、彼の妹トミヤビメを妻にしていました。

ニギハヤヒノミコトは、カムヤマトイワレビコとイツセノミコトの二柱の神が手こずったトミビコを支配していましたので、大した武将と言わざるをえません。彼の子孫がウマシマジノミコトで、物部連穂積臣うねめ臣の祖です。

こうして、カムヤマトイワレビコは大和を平定し、畝火(うねひ)の白檮原宮(かしはらのみや – 奈良県橿原市畝傍町)で天下を治めました。後に、カムヤマトイワレビコは神武天皇と呼ばれます。

【ニギハヤヒノミコトとは】
天孫降臨のニニギノミコトとは、別系統で天降った神がいたことになります。大和地方に神武天皇の前に出雲系の王権が存在したことを示すとする説や、大和地方に存在した何らかの勢力と物部氏に結びつきがあったとする説もあります。

スポンサーリンク
336-280




336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280