応神天皇、髪長比売を大雀命に。朝鮮からの渡来人も。

第15代応神天皇

応神天皇、髪長比売を大雀命に譲る。

応神天皇は、日向国の諸県君(もろがたのきみ:宮崎県南部の豪族)の娘の髪長比売(カミナガヒメ)がとても美しいと聞き、妻として宮中に仕えさせることにしました。。

御子の大雀命(オオサザキミノミコト)は、髪長比売が難波津(なにわず)に着い時、その美しさに惚れて、大臣の建内宿禰(タケウチノスクネ)にこう頼んだのです。
「天皇にお願いして、髪長比売を私に譲ってもらえるよう口聞きしてもらえないだろうか」

建内宿禰はその頼みを応神天皇へ申し上げました。天皇は新嘗祭(にいなめさい)の翌日、豊明(とよのあかり)の宴会の日に、髪長比売に大御酒の柏(柏の葉に盛った酒)を持たせ、大雀命にお与えになりました。

応神天皇と朝鮮からの職人・文人などの渡来人

応神天皇の御代には、海部、山部、山守部、伊勢部を定められ、灌漑用の剣池(つるぎのいけ)も作られました。
また、新羅の人々が渡来し、建内宿禰命が渡来人を率いて、堤池(つつみいけ)という治水池も作らせました。

【海部】漁業や航海に従事して海産物を収めた豪族
【山部、山守部】山を管理して山の産物を収めた豪族
【伊勢部】伊勢地方の「海部」か

また、百済の照古王(しょうこおう)が牡馬一頭と牝馬一頭を阿知吉師(あちきし)に持たせ、天皇に献上しました。また、太刀と大鏡も献上しました。阿知吉師は、阿直史らの祖となります。

「もし、賢い者がいれば、派遣しなさい」
と、天皇は百済国に命じました。そこで百済国から派遣されたのが和邇吉師(わにきし)。彼は、論語十巻・千字文(中国の文字学習書)一巻、合わせて十一巻を献上しました。和邇吉師(わにきし)は、文首らの祖となります。

【阿直史(あちきのふびと)朝廷の文書記録を担当した帰化氏族
【文首(ふみのおびと)朝廷の文筆を担当した帰化氏族

また、百済国王は鍛冶職人の卓素(たくそ)、機織り女の西素(さいそ)の二人も派遣しました。
さらに、秦造(はたのみやつこ)の祖、漢直(あやのあたい)の祖、酒を造る人の仁番(にほ)またの名を須須許理(すすこり)らも派遣しました。

「堅石も酔人を避く」

須須許理が造った酒で酔った応神天皇は、次の歌を詠まれました。

須々許理が 醸(か)みし御酒に われ酔(ゑ)ひにけり 事無酒(ことなぐし) 笑酒(ゑぐし)に 我酔ひにけり
(須々許理が造った酒に私は酔った。災難を払う酒、笑いがこぼれる楽しい酒に私は酔った)

この時、酔った応神天皇がお出かけになった時、杖で大坂道(大和から河内へ越える坂)の大石を打とうした時、石は走って逃げたといいます。

それで、ことわざで「堅石も酔人を避く」(堅い石すら酔っ払いを避ける)と言うのです。

スポンサーリンク
336-280




336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280