カムヤマトイワレビコ(神武天皇)の東征

カムヤマトイワレビコ(神武天皇)

(これより「古事記」中つ巻)

カムヤマトイワレビコ、北九州から中国地方へ

山幸彦の孫カムヤマトイワレビコは、高千穂の宮で兄イツセノミコトと相談しました。
「いったいどこに住めば、国を平和に治られるでしょう。東の方へ行ってみませんか」

こうして、九州の日向から北九州に向かいました。ここ豊国の宇沙(大分県宇佐市)で、カムヤマトイワレビコとイツセノミコトの二柱の神は、土着の豪族ウサツヒコウサツヒメの忠誠を得ることができました。
次に、竺紫(つくし)の岡田の宮(福岡県)に1年、阿岐国の多祁理の宮(たけりのみや – 広島県)に7年、吉備の高島宮(岡山県と広島県東部)で8年過ごしました。

海の道を知る国つ神サオネツヒコ

さらに、カムヤマトイワレビコとイツセノミコトの二柱の神は、血が市に向かいました。すると、亀の甲羅に乗って釣りをしている人に出会いました。カムヤマトイワレビコは近くにその人を呼んで尋ねます。
「あなたは、誰か?」
「私は国つ神です」
「あなたは、海の道を知っているか?」
「よく知っています」
「私たちに仕える気はないか?」
「仕えましょう」
こうして、カムヤマトイワレビコとイツセノミコトの二柱の神は、自分たちの船にその国つ神を乗せ、名をサオネツヒコと命名しました。倭国造(やまとのくにのみやつこ)の祖です。

トミビコとの戦い。イツセノミコトの負傷。

カムヤマトイワレビコの一行はさらに東へ進み、波速之渡(大阪湾)をへて、青雲の白肩津にやってきました。しかし、この地のトミビコが待ち構えていて、戦いになりました。
カムヤマトイワレビコらは、楯をとると下船しました。その地が、楯津(日下の蓼津)です。

この戦いで、腕に矢を受けたイツセノミコトは、言いました。
「我々は日の神の御子なのに苦戦したのは、日の昇る東に向かって戦ったからだ。これからは日を背にして戦おう」
それから、カムヤマトイワレビコとイツセノミコトの二柱の神は、南へ移動していきました。

スポンサーリンク
336-280




336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280