新羅国の御子天之日矛の渡来と神功皇后の出自

賤しい女、赤い玉を生む。

(応神天皇・番外編①)

ある日、阿具沼(あぐぬま)のほとりに、一人の賤しい女が昼寝をしていました。すると、日光が虹のように輝いて、その女の陰部を照らしたのです。
ここに、あるひとりの賤しい男がいました。この男はこの女の様子が変だなと思い、しばらくこの女を見張っていました。

やがて女は身ごもり、赤い玉を産みました。男は女に頼んで、その玉をもらい腰につけていました。

天之日矛は、新羅国の御子。

男は田んぼを谷に作りました。そして、一頭の牛に百姓の食料を背負わせ、谷に入りました。そこで、偶然にも新羅の御子・天之日矛(あめのひほこ)に出会ったのです。

御子は男が怪しいので牢屋に入れようと思い、尋問しました。

「なぜ、お前は食料を牛に背負わせ谷に入るのか。きっとこの牛を殺して食べるのだろう」
「いえ、牛を殺すことはありません。ただ、百姓たちに食料を運んでいるだけです」

天之日矛は許しませんでした。すると、男は赤い玉を取り出し、天之日矛に贈ったのです。男は許されました。
天之日矛は赤い玉を家に持って帰り、床に置くと美しい娘になりました。天之日矛はこの娘と結婚することにしました。

赤い玉の娘は、日本の難波へ。

しかし、しばらくすると娘が食事を作っても、御子であったために贅沢に慣れていた天之日矛は文句を言うようになってきたのです。娘は耐えられなくなり、

「もともと、私はあなたの妻となるべき女ではありません。私は祖国に帰ります」

娘はひそかに小舟に乗り逃げ出すと、日本の難波(なにわ:大阪)にやってきたのです。
この娘が、難波の比売碁曽社(ひめこそのやしろ)に鎮座する阿加流比売神(あかるひめのかみ)です。

天之日矛も、娘を追って日本に。

妻に逃げられた天之日矛も日本にやってきました。しかし、難波の海峡神は彼を通すことは許しませんでした。しかたなく、天之日矛は多遅摩国(たじまのくに:兵庫県北部)に行き、妻を待つことにしました。

そして、天之日矛は多遅摩の俣尾(またお)の娘、前津見(まえつみ)を娶って生んだ子が多遅摩母呂須玖(たじまもろすく)。その子が、多遅摩斐泥(たじまひね)。その子が、多遅摩比那良岐(たじまひならき)。その子が、多遅麻毛理(たじまもり:垂仁天皇の命で常世国の木の実を採りに行った)、多遅摩比多訶(たじまひたか)、清日子(きよひこ)の三柱。

神功皇后の出自

清日子が当摩之咩斐(たぎまのひめ)を娶とって生んだ子が、酢鹿之諸男(すがのもろお)と妹の菅竈由良美(すがかまゆらどみ)。
また、多遅摩比多訶がその姪の菅竈由良美を娶って生んだ子が葛城之高額比売命(かずらきのたかぬかひめのみこと)で、息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと:神功皇后)の母親です。

天之日矛が新羅から持ってきたものが、玉津宝(たまつたから)という神霊が宿る宝です。玉津宝は、八種のもので一揃えになっていて、伊豆志の八前の大神(兵庫県豊岡市に八種の宝をご祭神とする出石神社があります)です。

出石神社・拝殿

スポンサーリンク
336-280




336-280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336-280