第21代雄略天皇 大猪と一言主大神

雄略天皇と大猪

雄略天皇と大猪

ある時、雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)が葛城山(かずらやま:奈良と大阪の境にある金剛山地の山)の上に登りました。

すると、大猪が現れ、天皇が鳴鏑(なりかぶら:音の出る鏑矢)でその猪を射ると、その猪が怒って唸りながら向かってきました。

天皇は大猪を恐れ、榛の木(ハンノキ)の上に登りました。そこで、天皇は歌を詠みました。

やすみしし 我が大君の 遊ばしし 猪(しし)の 病み猪の うたき畏(かしこ)み 我が逃げ登りし あり丘(を)の 榛の木の枝
我が大君(自分自身)が狩りをして、猪の、傷を負った猪の唸る声に畏れ、私が逃げ登った丘のハンノキの枝よ

雄略天皇と大猪

雄略天皇の行列とその装束がまったく同じ神の行列

ある時、天皇が葛城山に登った時、多くの官人たちはことごとく紅い紐をつけた青く染めた衣服を与えれれていました。

その時、向かいの山の尾根から山の上に登ってくる人達がいました。その人たちの行列は、天皇の行列と同じで、またその装束も人々もよく似ていてそっくりでした。

そこで、天皇はそれを見て、
「この大和国には、私を除いて王はいなのに、誰がそのように行くのか?」
と尋ねさると、
「この大和国には、私を除いて王はいなのに、誰がそのように行くのか?」
と、向こうの答える様子も天皇の言葉と同じものでした。

天皇は大いに怒り、弓に矢をつがえ、天皇一行の官人たちも皆矢をつがえました。
すると、向こうの一行もみんな矢をつがえたのです。

凶事も吉事も一言で言い分ける一言主大神

「それならば名を名乗れ。そして、それぞれ名乗ってから矢を放とう」
と、天皇はまた尋ねました。

「私が先に問われたので、私が先に名乗るとしよう。私は、凶事も一言で、また吉事も一言で言い分ける神、葛城の一言主大神(ひとことぬしのおおかみ)である」
との答えがありました。

天皇は大いに恐縮して申し上げました。
「畏まりました。私は現身の人間です。あなたが大神だとは存じませんでした」
御大刀(おおみたち)や弓矢をはじめとし、官人たちの着ている衣服を脱がせ、拝んで献りました。
すると、一言主大神は、喜びの拍手を打ち、その捧げ物をお受け取りになりました。
そして、天皇が帰ろうとすると、大神は山の峰から長谷山の麓までお送りになりました。

乙女が隠れた金鉏岡(かなすきのおか)

ある時、雄略天皇が丸邇(わに)の佐都紀臣(さつきのおみ)の娘、袁杼比売(おどひめ)と結婚しようと、春日(奈良県春日町)にやってきました。天皇はその乙女と道で出逢いましたが、その乙女は天皇の行列を見て岡の辺りに逃げて隠れてしまいました。

そこで天皇は、次の歌を詠みました。
媛女(をとめ)の い隠(かく)る岡 金鉏(かなすき)も 五百箇(いほち)もがも 鋤(す)き撥(は)ぬるもの
乙女の隠れている岡を、金属製の鉏が五百ほどあれば、土など鋤き払い、乙女を見つけるのに

そこで、その岡を名付けて金鉏岡(かなすきのおか:所在未詳)というのです。

古事記・下つ巻
スポンサーリンク
kojikiをフォローする
1話5分で読める古事記

コメント