イザナギ、イザナミと三峯神社。ヤマトタケル像も。

イザナギとイザナミ

イザナギ&イザナミ「国産み」

「あなたの体はどうなっているか?」

「私の体はすでに完成していると思いますが、何か足りず一箇所だけくぼんだ裂け目に穴があります」
「私の体もすでに完成しているのだが、何かが余って一箇所だけ出っ張っている物がある。そこでだが、私の出っ張っている物をあなたのくぼんだ裂け目の穴に挿し入れて、国を生むのはどうだろうか」

イザナギ&イザナミ「神生み」

十七柱の神生み

国生みの後、イザナギとイザナミは大八島(おおやしま)に住むき十七柱(とうあまりななはしら)の次のような神々を生みます。

住居に関わる七柱の神
岩、土、砂、風などの神

海や河など水に関わる三柱の神
海の神オオワタツミノカミ(大綿津見神)、河口の神ハヤアキツヒコノカミ(速秋津日子神)、河口の女神ハヤアキツヒメノカミ(速秋津比売神)。
子の神ハヤアキツヒコとハヤアキツヒメが泡と水面などに関する七柱の神を生みました。

大地に関わる四柱の神
山の神オオヤマツミノカミ(大山津見神)、野の神カヤノヒメノカミ(鹿屋野比売神)別名ノヅチノカミ(野推神)、風の神、水の神。
子の山の神オオヤマツミとの野の神カヤノヒメが山頂、霧、渓谷など山野に関する八柱の神を生みました。

最後に、船、食物、火の生産に関わる三柱の神
船の神アメノトリフネノカミ(天鳥船神)、穀物の神オオゲツヒメノカミ(大宜都比売神)、ヒノカグツチノカミ(火之迦具土神)

イザナミの死と埋葬

イザナミは火の神カグツチノカミを生んだ時、イザナミは女陰に火傷を負いました。それでも、イザナミの神生み(鉱山の二柱の神と水と生成の二柱の神)は続きした。この中の生成の神ワクムスヒノカミから、アマテラスの食事を司る穀物の神トヨウケヒメノカミが生まれます。このトヨウケヒメは、伊勢神宮の豊受大神宮(外宮)のご祭神です。

その後、とうとうイザナミは死んでしまいます。イザナギは、イザナミ恋しさのあまり、黄泉の国に下りていきます。
しかし、変わり果てたイザナミの姿を見て、イザナギは現生に逃げ帰ってきます。
黄泉の国に行った穢れを落とすイザナギ。その左目からアマテラスが、右目からツクヨミが、鼻からスサノオが生まれました。この三柱の神を三貴子と言います。

イザナギ&イザナミを祀る三峯神社

【ご祭神】イザナギノミコト、イザナミノミコト
【ご神徳】夫婦円満、開運成就、厄除け一般

三峯神社・三ツ鳥居

三峯神社の鳥居は、珍しい三ツ鳥居(みつとりい)といい、三輪鳥居(みわとりい)ともいいいます。1つの明神鳥居の両脇に、小規模な2つの鳥居を組み合わせたものです。

三峯神社・拝殿

三峯神社のご由緒

東征中のヤマトタケルが回った東国を巡幸されたタケルの父・景行天皇が、雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の3つの峯が美しく連なることをお聞きになり、「三峯山」と名付け「三峯宮」の称号をたまわりました。

三峯神社・拝殿
三峯神社・水龍

拝殿左前下に2012年の辰年から浮かび上がった龍神。縁起物とされています。写真に撮って、スマホの待ち受け画像にすると良いことが起こるそうです。

三峯神社最強のパワースポット、お仮屋

三峯神社最強のパワースポット、御仮屋

遠宮(お仮屋)の看板より
三峯神社の御春属(お使い神、お犬さまで大口真神-オオグチノマガミ-と称する)のお宮です。
御春属は深い山中に身をひそめられている為ここを仮のお宮としてお祭りを行うので「お仮屋」と呼んでいます。

今から1900年ほどむかし、第12代景行天皇の皇子ヤマトタケルノミコトが東夷御平定のかえリ道に山梨県から奥秩父の山々を越えて当山に登リ、初めて三峯神社を祀られた時、道案内をつとめたのが山犬でその忠実さと勇猛さによって三峯神社の御春属に定められたと伝えています。

お犬さまはその霊カで三峯信仰の中心となリ、山畑を荒す害獣熊・猪・兎等を追い払い、家々を守護Lては火防・盗賊除・諸難除の神と崇められています。

三峯神社の御春属(お使い神)

ヤマトタケル(日本武尊)と三峯神社

ヤマトタケル像

浅田真央さんと「白の氣守り」。その他の4色「氣」守り。

月初めの朔日(ついたち:毎月1日)に手に入れられる「白の氣守り」は、浅田真央さんが持っていることで有名になりました。

三峯神社「氣」守り

→ イザナギとイザナミの「国生み」【詳細へ】

→ イザナギとイザナミの「神生み」【詳細へ】

→ イザナギ、黄泉の国から黄泉比良坂へ【詳細へ】

→ アマテラス、ツクヨミ、スサノオ三貴士の誕生【詳細へ】

コメント