2019-08

スポンサーリンク
古事記・下つ巻

第19代允恭天皇 太子の島流しと禁断の愛の末路

軽太子(かるのひつぎのみこ)は伊予湯(いよのゆ:愛媛県松山市の道後温泉)に島流しにされました。軽太子をおいかける軽大郎女。二人は出会うと、心中してしまいました。
古事記・下つ巻

第19代允恭天皇 兄・軽太子と妹・軽大郎女の禁断の恋

允恭天皇の後には、木梨之軽太子が皇位を受け継ぐことになっていました。しかし、即位する前に同じ母から生まれた妹の軽大郎女と禁断の恋に落ちていました。
古事記・下つ巻

第19代允恭天皇(いんぎょう) 氏姓を定める。

反正天皇の弟は、遠飛鳥宮(とおつあすかのみや:奈良県明日香村飛鳥)で天下を治め、第19代允恭天皇(いんぎょうてんのう)となりました。
スポンサーリンク